効率重視の学び方

受験や試験対策の際に、闇雲に勉強をしても効果が薄いこともありますよね。効果を得る学び方をするためには、自分がどのような環境や勉強方法で集中出来るのかを把握することです。それらを把握することによって、家庭教師か個別指導塾が適しているのかを判断することが出来るでしょう。家庭教師や個別指導塾は東京や尼崎など至る所にあるので、住まいから近いエリアを選んで利用することが可能です。

個別指導と家庭教師の違いについて

家庭教師

自宅にて家庭教師からの授業や指導を受けられることで、塾などに通う時間がかからない利点があります。さらに、授業時間をこちらの要望に合わせてくれるので自由度は高い傾向があるでしょう。そして、1対1の指導なので集中力を切らすことなく成績アップが期待出来ます。家庭教師を探そうとしているなら、インターネットでリサーチしてみると良いです。

個別指導

生徒の勉強のレベルに合わせた授業を行なってくれる、また勉強で分からない点を聞きやすい環境があるのも特徴だと言えます。さらに、塾という環境にいることで他のものに気が散らず集中出来る環境だと言えるでしょう。個別指導を選択出来る塾は、全国各地にあるので探している方は選んでみると良いです。

受験生がみんなやっていた受験対策

no.1

空いた時間で暗記をする

最も多く集まった意見が空いた時間に暗記する作業をやるということでした。やはり受験生にとって、少しの空いた時間ももったいないです。だからこそ、英単語を覚えたり、歴史ものを読んでチェックしたりすることはとても大切な時間になるのでしょう。

no.2

とにかく復習が大事

基礎を習ってから時間が経っていると、覚えていたつもりでもど忘れしてしまうことがあります。それは、受験では大きな落とし穴となるでしょう。そうならない為に、基礎を忘れていないか復習するクセをつけているとの声が集まりました。普段の勉強のプラスアルファで復習の時間を設けているようですよ。

no.3

苦手科目を徹底して勉強

誰にだって苦手科目はあります。そんな時は、家庭教師や個別指導にて徹底して問題解決に努めるようです。苦手科目があれば、受験本番の際にも仇となってしまうので、受験前でなくせるように全力を尽くしているのでしょう。

no.4

オープンキャンパスに参加する

受験勉強で疲れてしまって、やる気や集中力が抜けてしまう時もあります。そんな時に大切なのが、志望する大学のオープンキャンパスへ行ってモチベーションを上げることだと教えてくれました。実際に志望大学へ足を運ぶことで自分の未来をイメージが出来て良い息抜きになるのでしょう。

no.5

ToDoリストを作成して毎日達成に努める

意外なことに、ToDoリストを作成するとの意見も多く集まりました。毎日やることに追われている受験生はToDoリストを作成してから勉強に取り掛かったほうが断然効率が良いのだそうです。今日やるべきことをまとめておくことで、漏れを防ぐことも出来ます。

個別指導塾と家庭教師どっちを選ぶ?効率よく勉強することの大切さ

勉強

オープンキャンパス参加時のチェック

大学受験の際には、面接や志望動機なども必要になることがあります。そんな時にも慌てないためにはオープンキャンパスにて志望大学について理解を深めておく必要があるでしょう。まずは説明会が始まった時にその大学の強みとしているポイントや就職サポートなどがきちんと整っているかを見極めましょう。また、施設や勉強をするに必要な環境が優れているかも見ておくと良いです。

個別指導料の相場

個別指導塾にて学びたいと思っていても、指導料などの相場が分からないと不安になりますよね。塾によっても相場は異なりますが、目安として参考にしてみると良いでしょう。一般的に、高校生の指導料は約1万5千円から2万円を前後すると考えておいたほうが良いです。

広告募集中